1. 無料アクセス解析

外国からの荷物のパッケージあれこれ

2013年09月05日 16:43

海外小包

先日スコットランドからスモールパケットが前触れ無く届いた。
以前札幌に住んでいたスコットランド人の友人から紅茶とお菓子。
イギリスの郵便局(Royal Mail)のプチプチ付き封筒で。
イギリスからは何かと荷物を受け取るけどこのデザインは初めて。最近変わったのかな?

日本の郵便局でもパッケージは色々販売されているけど、海外の郵便局でもオリジナルの様々な
パッケージ用品が販売されていてデザインも様々。
どの国のものでもデザインはとてもシンプルなのですが、その中にもそれぞれカラーリングなどに個性があり面白いです。

パッケージ

郵便局の窓口で郵便を送る時にはリスエストをしない限り切手ではなく、値段の印刷されたシールが貼られることが
多いと思うのですが、海外からの荷物もこのシールタイプが貼られて来ることが多い。
でも個人的には切手が貼られてくるとやっぱり嬉しい。デザインが素敵な記念切手だと特に嬉しいけど、定番のでも。
なので自分も郵便を送る時に出来るだけ切手を貼って送るようにしている。

パッケージデザイン

Anorakcityでは海外のデザイナー達から直接商品を送ってもらっていますが、みんなカワイイ(カッコイイ)パッケージで送ってくれます。
オリジナルのステッカーが貼ってあたり、最近はマスキングテープを使ったものも多い。
やっぱり素敵なパッケージで送られてくると嬉しいのです。
この写真の荷物はイギリスのデザイナーが商品のサンプルを送ってくれた時のもの。
宛名を書く枠をおそらくシルクスクリーンでプリントしているのですが、それだけでとてもセンスの良いパッケージに。
ちょっとしたことかもしれないけどとっても大切だな。




ヴィンテージ北欧雑貨・ヴィンテージイギリス家具
Anorakcity→http://anorakcity.ocnk.net/

最近興味のあること

2008年03月31日 22:08

07-1.jpg07-2.jpg07-3.jpg07-4.jpg

昨年末夜中にふと思い立ち切り絵を始めました。
なんとなく本屋さんで切り絵の本を見かけていたからだと思いますが、切ってみたくなったのです。
簡単に作り方を説明すると下絵を描きそれを好きな色の画用紙にホッチキスで留め、白い部分を残らず切り落とすという単純なものです。

手で絵を描くのが苦手な僕はコンピューターで下絵を描きプリントアウトしています。
何の気なく始めたものの意外と上手にできるので、調子にのって色々切って見ました。
クリスマスの頃にはトナカイやサンタクロースを、テレビもを見ながらひたすら切りました。

友人の誕生日カードも切りました。予想以上に喜んでもらえたので、さらに調子にのり
最近では誰かの誕生日にはカードを切り絵で作っています。
そしてそれを見た友人も切り絵に熱が入り、僕の誕生日にもロンドンのビックベンをモチーフにした
切り絵カードをくれました。良きライバルでもあります。

実はAnorakcityの商品のラッピングにも切り絵で作った小さなモチーフを付けさせてもらっています。
冬には写真にあるような、雪の結晶をその後は王冠を。

まだまだ未熟なのですが時々こちらで作品を発表していただけたらなと思います。
もしこのブログを読んでくださった方で、切り絵が好きな方がいらっしゃたら是非作品を見せてください。