1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEDO春の七宝焼ワークショップ参加者募集

2017年03月19日 19:50

MEDOワークショップ

大変お待たせ致しました。
MEDOさんによる七宝焼きのワークショップ開催が決定しました!
今回は春らしい"いちごのピアスもしくはイヤリング" "つばめのブローチ"
そして定番の"ネコのブローチ"の何れかをお作り頂けます。

色をつけて頂きその場で釜で焼き完成させてお持ち帰り頂けます。
ベースとなる部分はMEDOさんがご用意してくださるので参加者の方々には主に色付作業をして頂きます。
初めての方でもお楽しみ頂けます。

ワークショップ詳細
日時 : 4/15(土)10-12時
場所 : Anorakcity Store
料金 : ねこのブローチ、ツバメのブローチ 3,500円
いちごのピアス/イヤリング 4,000円
募集人数 : 4名

-申し込み方法-
info@anorakcity.ocnk.net
までお名前,メールアドレス、お電話番号、お作りになりたいものをお知らせ下さい
お申込後2日経ってもお返事のメールが届かない場合はお知らせ下さい
出来るだけパソコンのメールアドレスでお申込み頂けると有り難いですが
携帯電話のメールアドレスでお申し込み頂く場合にはinfo@anorakcity.ocnk.netが
受信できるよう予め設定をお願い致します

募集開始は3/21 (火)12時からです。メールにてお申し込み下さい。

ご参加お待ちしております!



ヴィンテージヨーロッパ家具・ヨーロッパ雑貨/古着
Anorakcity→http://anorakcity.ocnk.net
スポンサーサイト

Order Medoまでのカウントダウン-七宝焼きとは?-

2016年05月22日 20:07

七宝焼き

七宝焼きという言葉は皆さん聞いたことがあると思います。
そしてなんとなくブローチのイメージがあるかもしれませんが
材料は? どうやって作るの?といった事はあまり知られていないと思います。
そこでMEDO山田さんに七宝焼きについて教えもらいました!

七宝焼きとは?

金属の素地にガラス釉を焼きつけたもので、紀元前十数世紀の
エジプト新王朝以来の伝統を持つ工芸品である
日本では桃山時代頃から作られている

MEDOはそんな伝統工芸をユーモアのあるデザインで現代的に!
みんなが普段使いしたくなるアクセサリーになれば面白かろうという
コンセプトのもと製作しています

謎の多い七宝焼きの工程は

デザイン
 ↓
1.銅板をカット
 ↓
2.銅板を鍛錬
 専用の木板にのせて木槌で銅板を打つ
 ↓
3.裏引き
 銅板の圧縮やそりを防ぐために、黒い釉薬をぬり焼く
 ↓
4.下引き
 表面に下地用の白い釉薬をぬり焼く
 <これでキャンバスができたところ>
 ↓
5.着色
 専用の釉薬を下引きした銅板に1色ずつのせていき着色

 *銀線を使用する場合もあります。
  下引きした銅板にデザイン通り模様をつけて焼成し、その後着色
 ↓
6.焼成
 800度~900度で焼く
 同じ釉薬であっても、温度や焼成時間によって色味が変わってくるのが面白い

5/28日行うネコブローチのワークショップではこの5番の工程着色を体験して頂けます。
ワークショップのお席はまだご用意できますので是非ご参加下さい!
詳細はコチラ→http://anorakcity.blog115.fc2.com/blog-entry-396.html



ヴィンテージヨーロッパ家具・ヨーロッパ雑貨/古着
Anorakcity→http://anorakcity.ocnk.net



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。